情報局


by uwaqq2w021

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は21日、独立行政法人(独法)を対象にした事業仕分け第2弾のスケジュールを発表した。23日と26〜28日の4日間の作業を通じ、各事業の必要性や民間委託の可能性などを精査。同時に、対象の47法人で約100人に上る官僚OBの独法役員への天下りの実態などを浮き彫りにしたい考えだ。
 初日は、国際協力機構(JICA、外務省所管)など9独法を取り上げる。JICAに関しては、円借款の効果や関連法人との契約実態などをただす。2日目の26日は、都市再生機構(国土交通省所管)のほか、理化学研究所や科学技術振興機構(いずれも文部科学省所管)など研究開発関係を扱う。大学入試センター(文科省所管)や国民生活センター(内閣府所管)は最終日の28日に仕分けを予定している。 

【関連ニュース】
研究センター、仕分け免れる=ウナギ完全養殖のおかげ?
民間「仕分け人」メンバー
ネット中継で5社選定=事業仕分けで
仕分け対象の独立行政法人と事業
特別会計見直しに着手=首相が指示

<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕 神奈川(産経新聞)
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
将棋 羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
[PR]
by uwaqq2w021 | 2010-04-24 05:50
 名寄市長(北海道)ホテル・飲食業の加藤剛士氏(39)が初当選。前市議の高見勉氏(66)を破る。投票率は78.57%。

 確定得票数は次の通り。

当10540 加藤 剛士=無新<1>

  8833 高見  勉=無新

<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット(産経新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)
「子供を想う母の悲しみ知った」 苦闘が生んだ脱北者映画、17日から上映(産経新聞)
女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン(産経新聞)
[PR]
by uwaqq2w021 | 2010-04-21 14:58
 【ワシントン=佐々木類】藤崎一郎駐米大使は15日の記者会見で、核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相に関し、米紙ワシントン・ポストが14日付のコラムで「首相が最大の敗者」などと報じたことについて、「一国の首相に対して失礼だ」と不快感を示した。

 藤崎大使は「記事はコラムであり、ポスト紙の考え方を反映しているとは思わない」としながらも、同紙に対して抗議するのではなく、日本の立場を説明する機会を設けるかどうか検討する考えを示した。

 記事は風刺調のコラムとして掲載された。この中で鳩山首相を「不運で愚かな日本の首相」と紹介。米軍普天間飛行場の移設問題で首相のことを「まったくあてにならない」とこきおろし、「あなたは同盟国の首相ではなかったか。首相を相手にしたのは中国の胡錦濤国家主席だけだ」と皮肉った。

【関連記事】
鳩山首相は「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
普天間5月決着を絶望視 期限迫り予防線張り始めた政府 米側は柔軟姿勢伝える
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
「普天間」迷走で日米異常事態 国力低下必至、どうなる日本
外国人地方参政権問題に一石

強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う−千葉地裁(時事通信)
<雑記帳>笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に−気象庁(時事通信)
<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)
着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」−米貨物機炎上・安全委(時事通信)
[PR]
by uwaqq2w021 | 2010-04-17 14:02
 高速道路の新しい料金制度が9日発表された。距離や時間帯などによって値上げと値下げに分かれる内容で、東北の関係業界や一般ドライバーの受け止め方も評価と不満が交錯した。公共交通機関は平日の割引拡大に反発する一方、運送業界や観光地はコスト低減や集客増に期待を寄せる。ドライバーには新制度を歓迎する向きが多いが、ころころ変わる制度への恨み節も漏れた。

◎業界/「打撃」→平日客流れる/「歓迎」→経費軽減

 自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象にした「休日上限1000円」の割引で高速バス事業が打撃を受けたバス業界。「新料金制度でますます逆風が強まる」と宮城交通(仙台市)の幹部は頭を抱える。
 最も警戒するのが「普通車2000円」など平日を含めた上限料金の導入。幹部は「企業は費用削減に必死。平日のビジネス客が自動車に流れる可能性が高い」とみる。
 休日は1000円の値上がりとなるが、仙台―苫小牧、名古屋を運航する太平洋フェリー(名古屋市)の東北支店は「フェリーに客が戻る可能性はほとんどない」と厳しい見方。JR東日本仙台支社も「交通事業者の意見を十分聞かないまま方針が示され、極めて残念だ」と不満を隠さない。
 「中型・大型車5000円」「特大車1万円」の上限設定は、長距離トラックを走らせる運送会社などが影響を受ける。
 「八戸から東京まで直行する場合などは現状より得になりそう」と三八五交通(八戸市)。ただ、実際は荷物の積み降ろしのため高速道を下りることもあり、「下りる回数や時間帯によってコスト増になる可能性も」と冷静に分析する。
 商業、観光などの集客施設の期待は大きい。週末は県外客が4割を超える仙台市の「仙台泉・プレミアムアウトレット」は「週末中心だった集客では今後、平日の増加が期待できる」と見通す。
 「遠方からの集客にはプラスだが、近隣の観光客にはメリットが薄く、評価は難しい」と言うのは十和田八幡平観光物産協会(鹿角市)。「新制度に対応した新しい観光戦略を検討したい」と前向きにとらえた。

◎一般/「期待」→エコカー購入/「提言」→雇用が先

 平日の割引拡大などで一般ドライバーは新料金制度の恩恵を受けるとみられるが、ETC利用のメリットが薄れるなどマイナス面もある。
 東京都の自営業後藤猛さん(72)は9日、結婚式出席のため高速道で仙台市を訪れた。「1年前、売り切れが続出したETCを数カ月待って取り付けたのに」と新制度に納得がいかない様子だ。
 一方で平日の長距離利用は割安になり、「エコカー割引」も導入され、宮城県亘理町の会社員菊地明博さん(61)は「6月に定年を迎えるので、軽自動車かエコカーを購入して平日に遠出したい」と声を弾ませた。
 山形県では新制度の下、東北中央道などで無料化実験も行われる。山形市の主婦(35)は、週末は値上がりになることもあり得る制度変更に苦言を呈しながらも「実験で通行量は増えそう。山形の活性化につながればいい」と期待も抱く。
 昨年の衆院選で民主党はマニフェスト(政権公約)に「高速道無料化」を盛り込んでいた。新制度に否定的なドライバーからは、有権者としての怒りものぞく。
 「裏切られた気分」と一関市で飲食店を経営する千葉寿さん(49)。「利用者の負担増で見込まれる増収分は道路整備などに充てる方針のようだが、これでは『人からコンクリートへ』だ」と憤る。
 「高速道の整備には金がかかる。利用者負担の面からも上限制でなく、ある程度は走行距離に見合った料金体系にした方がいい」と問題提起するのは福島市の無職飯田公雄さん(63)。山形市の会社員大沼広義さん(60)は「高速料金より中小企業への支援や雇用対策が先だ」と政策の優先順位に注文を付けた。


民主支持層も鳩山離れ、参院選投票も目減り(読売新聞)
送り主とのトラブルなし 日本医師会あて鉢植え発火(産経新聞)
野口さん、物資コンテナ入室へ=山崎さんが搬送責任者(時事通信)
ポーランド大統領事故死 「追悼70年の旅」悲劇 選挙繰り上げ実施(産経新聞)
4児の身元確認=北海道の車両火災(時事通信)
[PR]
by uwaqq2w021 | 2010-04-12 17:28
 「コッポラ」という帽子をご存じですか。イタリア・シチリア島で、羊飼いや農民たちが愛用したハンチング帽のこと。一時は「マフィアの象徴」ともなったが、最近、その暗いイメージを打ち破る、鮮やかな色彩とデザインの新しいコッポラ帽が登場し、人気を呼んでいる。イタリアで羊飼いやマフィアを魅了した帽子は、今、日本の若い女性から傘寿のシニアまで、おしゃれな人々の心をがっちりとつかんでいる。

 先月27日、神戸ハーバーランドで、「コッポラ」のファッションショーが開かれた。

 前半に登場したのは、着物柄の衣装やげた履きなど、和のイメージのモデルたち。一転して、後半は、真っ黒なスーツに葉巻を手にしたいかにも「暗黒」な雰囲気を漂わせたり、チョッキにコサージュというモダンなスタイルで決めたり。

 いずれも、頭にはピンクやイエロー、白地にブルーなど、鮮やかな色合いのコッポラをかぶり、和にも洋にも、不思議と似合う。レッドカーペットの両脇で見守るお客さんたちの中にも、コッポラを小粋にかぶった人々がずらり。

 ショーを企画したのは、神戸のコッポラ専門店「ラ・コッポラ・ストルタ神戸店」(神戸市中央区)。同店は、シチリアにある「ラ・コッポラ・ストルタ」と独占契約を結んでいる。

 オーナーの淵田大介さんは、3年前、ローマの店舗で初めてコッポラを知り、一目ぼれした。「かぶりごこちもいいし、イタリアならではの色合いや生地感もいい。形はシンプルだけど、かぶっているうちに、それぞれの頭の形にあわせて微妙に変化していく。帽子が“育っていく”のです」と魅力を語る。コッポラは、シチリアの職人が一点ずつ手作り。それだけに「目に見えない、シチリアの人々の思いがにじみでているようにも思えます」。

 3年前に神戸で店をオープンして以来、「特に宣伝などしていない」にもかかわらず、10代から80代まで幅広い年齢の男女が店を訪れるようになった。「ラ・コッポラ・ストルタ」の「ストルタ」とは「ゆがんだ、ねじれた」の意味。名前通りに、「やや斜めにかぶるのがおしゃれ」(淵田さん)とか。なお、子供サイズや、犬用のコッポラもあるという。(岸本佳子)

鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
<亀井郵政相>仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」(毎日新聞)
自治体への「義務付け」見直し勧告 応じたのは401項目(産経新聞)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)
[PR]
by uwaqq2w021 | 2010-04-07 12:41
 体の不自由な人やお年寄りにも使いやすいウェブサイトを表彰する「だれもが使えるウェブコンクール」(NPO法人ハーモニー・アイ、同実行委員会主催、毎日新聞社後援)の表彰式が26日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。日本眼科医会が金賞に選ばれるなど計10サイトの運営者を表彰した。他の受賞者は次の通り。

 ▽銀賞「広島県府中市公式ホームページ」▽銅賞「ゆうゆうゆう 障害者・高齢者に役立つ!ユニバーサルネットコミュニティ」▽入賞「『桃 ゆめ花』公式サイト」「大阪大学」「青森県庁ホームページ」「ECOZZERIA(エコッツェリア)」「大阪府ホームページ」▽毎日新聞社ユニバーサロン賞「生活協同組合パルシステム東京」▽クリーク・アンド・リバー社賞「Website Usability Info」

<雑記帳>謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)
小学教科書検定 「“ゲット”って何?」気になる検定意見(産経新聞)
左右取り違えて腎臓摘出…栃木の病院でミス(読売新聞)
中国毒ギョーザ 家族思い、いい子だった…容疑者の両親(毎日新聞)
中国で「グーグル離れ」相次ぐ ネット業者、検索機能排除も(産経新聞)
[PR]
by uwaqq2w021 | 2010-04-02 14:16